other

ちょっと気になる韓国留学。その費用や期間、留学後は!?

rikorea

rikorea |  11458PV

きっとこの記事を見てくださっている方の中には韓国がすきで、韓国語がすきで、「韓国に住んでみたいな…。」「韓国語を生かす仕事ができたらいいのにな…。」なんて思いがある方もいるのではないでしょうか?

頭に浮かぶのは「韓国留学」。

韓国留学

でも留学ってそんなに簡単なもんじゃないですよね。

なんといっても留学費!「大金がかかりそうで踏み込めない…。」または「もう学生じゃないし…。」、はたまた「いま学生だけど、韓国に留学したとしても…、その後はどうしたらいいの?」いろんな思いで自分は留学とは無縁、と決めつけている方も多いのではないかと思います。実際にわたしがそうでした。

今回は、そんな方々のために「韓国留学」の気になる費用、そして期間留学後について見ていきたいと思います★

「韓国留学」その費用は!?

「韓国留学」その費用

まずは一番気になるところ。費用について見ていきましょう★

そもそも韓国留学と一口にいっても、実はいろいろあるんです!
韓国の四年制大学に入学する正規留学やワーキングホリデーはのぞき…。今回は「語学留学」について見ていこうと思います!

語学留学はその名のとおり、語学を学ぶための留学です。つまり、韓国で韓国語教育を行っている学校に通うことを意味します★韓国語学校は、大学付属の「語学堂」と、「韓国語学院」の二つが主に挙げられます。

語学堂は大学付属のため、大学の施設を利用できたり大学行事に参加できたりするメリットがあります。他にも韓国での大学進学、大学院進学を考えている方は語学堂を卒業したほうが入学しやすいという話を聞きます!また、語学堂の生徒は多国籍なので、世界中に友達が出来るというのも魅力的ですね♡

それに対し韓国語学院は、塾のようなものだと考えてもらえればと思います★日本人向けの学校などもあり、韓国語では分からないニュアンスを日本語で教えてもらえたりするメリットがあります。また、語学堂が学期(1学期3ヶ月)制なのに対し、韓国学院は月単位で受講することが可能です!たとえば9月に1ヶ月受講して10月はお休み、11月からまた通うなんてことも可能なので、期間が限られている方や勉強以外のことも楽しみたいって方にはおすすめです♡

このようにシステムが違うので授業料も当然変わってきますが、平均してみると一月あたりの授業料にそんなに差異はなさそうです!

語学堂も大学があるだけ数があるので、授業料もさまざまです。平均1学期(3ヶ月)150万ウォン/約13万5千円くらい。それに対し、韓国語学院は一月50万ウォン/4万5千円くらいのところが多いようです。こうして見ると、語学堂も一月に換算するとほぼ同じですね★

そして宿泊費。語学堂には寮があり、希望を出せば(抽選ですが)入寮が可能です!その他はコシウォンやハスク(下宿)での宿泊となりますが、宿泊費は一月に3~6万円くらいを見ておけばいいでしょう★

つまり、一月にかかる最低費用が

約4万5千円(学費)+ 3~6万(宿泊費)= 約7万5千円~10万5千円

そう、思ったよりも安いんです!笑 その他食費や生活費、娯楽費などもろもろを合わせても15万~20万円といったところでしょうか★ただ問題は、語学留学中には収入を得れないということ!(正確には半年経ち、「資格外活動許可」をもらえればアルバイトが可能になります。)なので、収入がなくても一月あたり15~20万円出費できるように貯めておく必要があります!

「韓国留学」の期間は?最低何ヶ月から、最高何年まで可能?

「韓国留学」の期間

留学の期間もさまざまです。一週間からの短期集中コースもありますし、三ヶ月までの短期であればなんとノービザで留学が可能なんです★この場合は一月単位で受講できる韓国語学院をおすすめします!社会人の方や学生の方も挑戦しやすいですよね♡

また語学堂に2学期(半年)以上滞在するのであれば、ビザの取得(一般研修ビザ/D-4ビザ)が必要になります。日本で申請できるのは半年~一年までですが、引き続き留学を続けたいという場合には韓国現地で一年半までビザを延長することが可能です★

その後は観光ビザで滞在し続けたり…、(ただし三ヶ月に一度日本に帰国する必要があります!)ワーキングホリデービザに切り替え、一年間韓国でアルバイトをしながら暮らすことも可能です!

まとめると、「韓国留学」自体は一週間の超短期留学から、長期で一年半まで可能!ということになります。

「韓国留学」帰国後の道は?

「韓国留学」帰国後の道

仕事を辞めて留学に行く方、大学を休学して留学に行く方、帰国後の心配はずばり「就職」ですよね!英語が必要とされる仕事はたくさんあるけど、韓国語ってどうなの?という疑問をお持ちの方も多いのでは?

韓国で就労ビザを取得し働いている方は、日本語教師をされている方が多いようです。就職難が続く韓国での就職は、やはり日本語教師以外では難しいとのこと…。

しかし日本に帰国して翻訳や通訳のお仕事に就く方もいますし、韓国系企業に就職する方も。また航空業界や旅行業界、ホテル業界に就く方も多いです★これらの業界に関しては、日本に来る韓国人観光客が増加しているので少なからず需要はあります!それに英語ほど学習者人口が多くないからこそ、求められる仕事というのもあるはずですよ!

まとめ

憧れの韓国留学

いかがでしたか?★

憧れの韓国留学。意外と手の届くものかもしれません!学生の方は留学に関して将来の心配をするのではなく、将来役に立つ経験を得るものとして。社会人の方は自分のステップアップのために。ぜひ挑戦してみてください!

わたくし事ですが、来年、26歳になる年で初めての韓国留学です!社会人を辞めて将来韓国に関わる仕事をするために遅咲きながら行ってきます★韓国留学、みなさんにとっても縁のないものではないですよ!留学が気になってる方、その夢諦めないでくださいね♡

以上、rikoreaでした!

Other関連ブログ記事