movie

韓国泣ける映画「私の頭の中の消しゴム」~純愛映画の金字塔~

コリムビ

コリムビ |  1199PV

韓国映画には、多くの泣ける映画が作られていますが、ここでは私の一押しの泣ける映画を紹介したいと思います。

その映画とは、「私の頭の中の消しゴム」という映画になります。日本でもヒットした作品なのでご存知かもしれません。

この映画は、日本のテレビドラマである Pure Soul 〜君が僕を忘れても〜を原作に、イ・ジェハン監督が俳優のチョン・ウソン氏とソン・イェジン氏とともに作り上げました。

Pure Soul 〜君が僕を忘れても〜を原作

深い愛で包み支えていく

物語は、ソン・イェジン氏が演じる社長令嬢のスジンが、チョン・ウソン氏が演じる工場勤務の男、チョルスと出会い、やがて二人は恋に落ち、結婚。そんなとき、スジンが若年性アルツハイマー病であることが診断されます。

彼女の記憶はだんだんとなくなり、やがてはチョルスのことも、そして自分のことも誰であるかがわからなくなるという恐ろしい病気でした。そんな病気にかかった彼女を、チョルスはとても深い愛で包み、支えていくというストーリーで、純愛物語が展開されます。

ソン・イェジン氏が演じる社長令嬢のスジン

私はこの映画を観て、とても切ない思いになってしまう純愛映画としては1級の完成度を誇ると感じました。実際、本国の韓国では公開3週連続で1位、日本でも公開4週連続で1位を記録し、日本で公開される韓国映画では堂々の1位という栄冠を得ています。

こんなにも多くの方がこの映画を見れたのも、万人が共感する普遍的な愛の物語がそこにはあったからでしょう。

愛しているのに、自分の感情がだんだんわからなくなっていくという症状から闘いながらも、自分の旦那は一生懸命支えてくれるという無償の愛が心に響きます。愛することはどういうことなのかがこの映画ではこれでもかというほど出てきます。

現在愛する家族がいる方、または守らなければならない方がいる方は見ることをお勧めします。お勧めというよりかは、見ないと損だとさえ考えます。

物語にはさほど新鮮味はありません。この映画自体が日本ドラマのリメイクです。ですが、主演の二人による熱演により、愛の大切さがとことんわかるようになっています。この愛を表現してくれたイ・ジェハン監督はとても素晴らしい才能の持ち主だなと改めて思います。

イ・ジェハン監督

大切な人がいる方にオススメ

韓国には純愛物語が多くあり、どの物語を見ようか迷うことがあります。

私もこの私の頭の中の消しゴムを見る前は、よくある純愛物語の一種だろうとたかをくくっていました。しかし、見ると涙が出てくるではありませんか。これには監督のストーリーテラーとしての力量はもちろん、観客の涙を奪う最大のキーは主演の二人による演技によるものが多いです。

素晴らしい俳優の演技も見ものですので、ぜひ何も考えず、画面に溢れる彼らの演技に注目して鑑賞しましょう。

切なくも、愛くるしいストーリーは、全ての人の涙腺を奪うことと思います。泣くポイントとしては、彼らの素晴らしいセリフと、スジンの愛する旦那への手紙の内容が重要なポイントとなります。また、切ない音楽も一層悲しみを引き立てます。

今まで韓国映画を見ていなかった方も、本作を見ることで韓国映画の素晴らしさを見つけることができると思います。まずは号泣したいという方は頭の中の消しゴムを忘れずに。

Other関連ブログ記事